モバイルSEO対策

現在の日本において、モバイル機器の成長速度はめまぐるしいものがあります。今現在では、携帯電話だけでも1億台を突破しているので、携帯電話を持っていない人の割合のほうが小さくなっています。そして、その携帯電話においても、通信を利用したインターネットが行えるようになってきているのです。

以前までは、サイトを登録するのに審査が必要で、その審査を通過したサイトだけが表示されていて、そのサイトから目的のものを選んでいればよかったのですが、インターネット部分が発展して、パソコンと同じまでとはいきませんが、それに近い機能がつくようになり、携帯電話でも検索エンジンを使って検索して情報を集められるようになりました。

検索エンジンが使えるようになったと言う事は、やはり順位がつけられるようにもなりましたので、SEO対策が必要となってきたのです。

このページでは、モバイルSEOや対策についてご紹介してまいります。

モバイルSEOとは?

その名の通り、モバイルでの検索エンジンに大して、SEOの対策を行う事をモバイルSEOと言います。やっている事は、パソコンのSEOと同じで、モバイルの検索エンジンでの上位表示を目的に行われます。

パソコンとモバイル機器の差が縮まった事により、パソコンだけのサイトのみしか作っていなかった企業や会社なども、モバイル用のサイト製作を行うようになってきて、サイト数が増加してきました。そこで必要なのが、モバイルの検索エンジンのSEOということになるのです。今はまだモバイルサイトの数は少ないですが、これからはより増えると言われています。

モバイルSEOの重要性

モバイル機器で一番流行っているものは、やはり携帯電話でしょう。

携帯電話は1億台も突破しているので、一人に一台と言う感覚さえあります。それに比べるとパソコンは良くても、半分を超えていれば良いほうでしょう。

今まで、パソコンがなければ行えなかったインターネットが手軽に行えるようになった携帯電話の存在は、今後大きな割合を占めるといわれています。

今後は、パソコンでショッピングする人よりも携帯電話からショッピングする人の数が増える可能性も考えられるのです。

そうなってくると、検索結果においてより上位に表示されたほうが、アクセスアップが狙えて、それに伴い収益のアップなども見込めてくるのです。

パソコンからのインターネットを行う人は20〜30代以上と言われていますが、携帯電話からインターネットを行う人は、圧倒的に10代が多く、これから日本を背負う若い世代が携帯電話でのインターネットを多く使っているので、今後は携帯電話等のモバイルSEO対策が重要になってくると言えるでしょう。