SEO・SEO対策とは?

では、どのようなときに、SEO対策と言う言葉が使われるのかご紹介しましょう。

普段皆さんが何気なく触っているインターネットがありますが、インターネットというのは、まだ一般に広まってからそれほど長い年月は経っていません。まだ普及してから十数年程度の歴史しかありませんが、進化の速度は凄まじいものです。それに伴って、膨大な数のインターネットのサイトが増えてきました。その膨大なサイトの中から自分が欲しい情報を一つ一つ探していては大変な労力となりますが、それを簡単に探せるように使われるのが検索エンジンです。

検索エンジンで自分の欲しい情報を入力すると、それに関わる情報だけを検索エンジンが選んで持ってきます。その時に持ってくる情報には順位がつけられており、やはり上位のサイトが一番アクセスが多く見込めるのです。

それのためにホームページを最適化することが、「SEO」といいます。そして、そのホームページを検索エンジンが表示するランキングの上位に表示させるようにする事が、「SEO対策」っというわけです。

SEOというのは、 「Search Engine Optimization」 という英語の頭文字をとって「SEO」と呼ばれているのです。日本語に直すと「サーチエンジン最適化」と言うことになりますので、検索エンジンが上位に表示してくれるように、自分のホームページを最適化した後に、色々と対策する事がSEO対策という事になるのです。

また、SEO対策と一言でくくる事はできますが、SEO対策と言うのは、検索エンジンに対して行う事になります。しかし、昔は数が少なかった検索エンジンですが、今では数多くあり、検索エンジンそれぞれによって対策の仕方も変わってくるので、どの検索エンジンに合わせるのかを決めたり、どのようにすれば上位表示されるようになるかなど、SEO対策を行う上では、色々と試行錯誤をしなくてはなりません。

SEOという言葉自体で、検索エンジンへの対策という日本語になるのですが、SEO対策という言葉が広まっているので、単にSEOというよりも、SEO対策と言うのが一般的になっています。

SEO対策の定義

SEO対策の定義と言われても、定義をつける事は難しいのが現状と言えるでしょう。SEO対策の捉え方によって、全然違う意味を持ってしますのです。

ほとんどの人がSEO対策と聞けば、「検索順位を上位に表示すること」と思っているかと思いますが、別の捉え方では、「サイトに興味のある人たちを効率的に獲得する」という捕らえ方もあります。

SEO対策は捕らえ方によって、大きく変化するので、SEO対策の定義と言われても、よく分からずにグレーゾーンといえるでしょう。

ですが、SEO対策をする事自体は、サイトにとって悪い事ではないので、どんどんSEO対策をホームページへ施す事をお奨めします。